MENU
購読(LINE友達登録)
毎週土曜日オストメイト向けYouTube動画配信中!

毎日を彩るパウチ「カラフルストマ」

手軽にパウチをおしゃれにする「カラフルストマ」が話題になっています。香川県在住の内科医の小林稔さんが考案しました。パウチはオストメイトにとって下着と同様。従来のものは、透明や肌色など決まった色しかありません。
なので小林さんは、パウチを気分によってさまざまな色に変えることができれば、生活が楽しくなったり、明るくなったりするのではないかと考えました。

目次

先輩がオストメイトなったことをきっかけにアイディアが

出典:READY FOR

小林さんは香川県高松市で内科医として働いています。さまざまなな病状の患者さんに接しているうちに、QOLを向上できないかと考えていたそうです。
しかし、オストメイトに特別注目していたわけではなく、当時は人工肛門の内視鏡検査を行ったりパウチを見ても、何か気になることはありませんでした。

そんな折、先輩がオストメイトになったことを知ります。パウチは医療用であり、ほぼ同じ色を毎日身につけるので、日々が味気なく新鮮味がないのではないかと考えたそうです。
そして、パウチは下着と同じではないかと思い至り、気分によって柄を変えることができれば明るい日常を過ごせるのではないかと考え、カラフルストマのアイデアが生まれました

また、若い女性オストメイトの会「ブーケ」のアンケートの「こんなストーマ装具があったら…」という項目でも、デザイン入りやおしゃれである、入浴時に付けられるなどの回答があり、カラフルストマをつくる確信を得ました。

カラフルストマの開発を開始

パウチは下着と一緒!」を合言葉にカラフルストマの製作を開始します。ブーケの会員さんに試着の意見をもらいながら、約3年のときをかけて開発を行ってきました。
2019年にはカラフルストマの試作品200個をブーケの会員さんやWOCナースさんを通したオストメイトに無料配布をします。また、漫画家の内田春菊さんにも試作してもらい、感想をもらいました

出典:Twitter 内田春菊の投稿

カラフルストマをつくるきっかけとなった小林さんの先輩からは「幼い娘とパウチをつけたままお風呂に一緒に入れたと喜んでいただけたそうです。また、試作品をつけて「気分が上がった」などの意見を複数もうらうことができました。
そして、意匠登録と商標登録を取得し、完成することができました。

カラフルストマが目指すビジョンや目標

小林さんはカラフルストマを通じての最初の目標は「気分が上がること」でした。そして最終目標は「オストメイトが社会的に広く認知され、周囲の人とパウチについて会話できる社会」です。

出典:READY FOR

課題をクラウドファンディングで解決

出典:READY FOR

このような経緯があり完成したカラフルストマですが、インターネットで全国の販売を想定しているため、配送費が高くなってしまう課題がありました。
この問題を解決するため、今回はクラウドファンディングで資金を集め、送料を無料として全国のオストメイトへ届けるプロジェクトが発足しました。無事、目標金額を達成したためオストメイトへ無料でカラフルストマが発送されます。

さいごに

カラフルストマは製品化を前提に開発されました。2022年の春頃に販売を予定しているようです。クラウドファンディングのプロジェクトも成功し認知も上がっています。今後も注目していきたいと思います。

出典:

READY FOR「全国のオストメイトにパウチ用の絵柄付きシールを送料無料で届けたい!」(アクセス:2022/1/19)

Twitter「カラフルストマ」(アクセス:2022/1/19)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ライター//元広告の営業職/NPOの発足から携わって8年目。みなさまの意見が日々の糧になります。

目次
閉じる